プロフィール
DSC_0066 (1).JPG
 名前:ゴールデンクロス
 年齢:あっという間に47
 職業:運送業
 住所:杜の都・仙台市
 好きなこと:海外旅行・温泉めぐり
mail:y.hasegawa2012@gmail.com

2013年05月10日

海外バイナリーオプション − オプテック(opteck)の入金先銀行にジャパンネット銀行が新たに加わりました。

海外バイナリーオプションの入出金について −オプテック(opteck)

 海外のバイナリーオプション業者で唯一,国内銀行振込に対応している業者としてオプテック(Opteck)を取り上げましたが、今回新たにジャパンネット銀行も追加されました。

 opteckの国内入金対応銀行 ・楽天銀行 ・ジャパンネット銀行

 (注意)クイック入金に対応しているわけではありません。あくまで、入金時の振込先が楽天銀行・ジャパンネット銀行の2行から選べるという事です。楽天銀行・ジャパンネット銀行は日本国内の銀行なので入金された翌営業日にはオプテックの口座残高に反映されます。また海外送金では無いため、高い(約¥2,500)送金手数料も不要になります。

 入金先が国内の銀行であれば、日本国内のユーザーにはとても便利で入金の不安は無くなると思います。

Opteckバナー.gif

posted by GoldenCross at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

24option − 海外バイナリーオプション

3月21日17:00 24optionより送られて来たメールを下記に引用してみました。



1.ポンドにとっては正念場となる一日
 
 今週の水曜日はグローバル市場にとって週の取引の中でも極めて重大な一日となるだろう。英国の雇用者数の数字が発表される09:30GMTには、ヨーロッパとアジアのトレーダー達がFX取引の準備を整えて手ぐすねを引いて待っているような事態になると思われる。その後のトレーダー達は、ファンダメンタル的には英国にとって今月最大のイベントである12:30GMTに出される英国の年度予算に焦点を当てるだろう。このポンド取引で成功する為には、午前中には短期取引に注目し、12:30GMT時には長時間経ってから終了するような取引に着目すると良いかもしれない。短期間及び長期間で終了する取引形態の双方は、しばしば市場からより大きな利益を効率よく受け取る為に使い分けられている。

2.バーナンキ議長の選択
 
 また米国のトレーダー達は、Fed がその金融政策を発表する水曜日の18:00GMTに行動を起こすことになるだろう。しかし、現在好調な経済データが出され続けているところから考えると、この先Fedが量的緩和を削減するかまたは終わらせてしまう意向に賛同する旨を、FOMCが声明を発表する時点か、もしくは18:30GMTに予定されている記者会見の時にでも発表してしまうことになるかもしれないという懸念をトレーダーたちが示すことになる可能性もある。トレーダー達が主要な声明に合わせて取引をしているということもあるので、結果として米ドルは通貨バスケットに対して更に強まることになるかもしれない。そしてこのFedによる金融政策決定の影響はその後の取引日にも尾を引きそうに思える。賢いトレーダー達ならばバイナリーオプション市場において、予想される動きからフルに利益を得る為に、米ドルとクロス通貨のペアをチェックし続けることになるだろう。


3.グーグルはいずれにせよ・・・ダウンするだろう
 
 グーグルを週足で見てみると、穏やかな転換期に来ていることが示唆されている。過剰買いになっているRSIにネガティブな分岐が見られていることで、下がり相場のシナリオが現実となる可能性が高まっている。週間のチャートがこのような状態であるため、大幅な売りが今後数週間に渡って続くかもしれない。グーグル株を取引するには、24optionサイト内の「株式」をクリックして下さい。そこに日中や終業時などいろいろな終了設定があります。


以上の3つの経済ニュースというか24optionによる経済分析というものです。

この中で私が気になったニュースが「グーグルはいずれにせよダウンするだろう。」といった24optionによる予測です。FXや証券のブローカー側がここまではっきりと株価の予測を断言するにはそれなりの根拠があると考えます。国内国外問わず、24option以外の証券会社で個別の銘柄の株価ダウン予測を発表するのは珍しいのではないかなと少し違和感を感じましたので、今回記事に取り上げました。

24optionに口座を開設しておけばこういうニュースがたまにメールで送られてきます。だいたい1週間に1回程度の頻度ですかね。あまり頻繁にメールが送られてきても邪魔ですが忘れた頃にひょっこり送られてきたりするのでついついメールを開封してしまいます。


さてここからが本題です。

「グーグルはいずれにせよダウンするだろう。」

この24optionの株価予想の通りにグーグル株がダウンするとしたら今どういう戦略が有効か?
と考えてみました。

a) 個別株CFD取引によりグーグル株を売る

 CFD取引はFXと同じく証拠金取引であり、日本国内の証券会社であればレバレッジは5倍に制限されています。FXの25倍などと比較すればたった5倍かと感じる人もいるかと思いますが、FXと違い株価が1日に10%動く事も日常茶飯事です。そこで5倍のレバレッジがかかっていれば50%動いたのと同じ損益が発生します。思惑と反対に動けば即ロスカットされるでしょう。ですから個別株CFDで5倍のレバレッジで取引するのはエントリータイミングをRSIなどのテクニカル指標で十分検討してから取引をするべきだと思います。

個別株CFD投資なら
 ひまわり証券は世界7ヵ国、約500銘柄を取り扱っています。
 日本株10銘柄(アサヒビール・セブン&I・小松製作所・トヨタ・任天堂・みずほFG・第一生命・全日空・ファーストリテイリング・ソフトバンク)
 アメリカ株もアップル・アマゾン・デル・ウオルトディズニー・グーグル・IBM・コカコーラ・P&G・スターバックスなど日本人にも知名度が高い銘柄を取り扱っています。
ひまわりCFD

 サクソバンクの親会社はデンマークの銀行、世界基準での安心取引
サクソバンクFX



b) eワラントのグーグル株のプットオプションを購入

 私個人的には面白いのはeワラントです。仕組みはよくわからないのですが、簡単にいうとコールオプションは株価が上がればオプション価格も連動して上がるものです。反対にプットオプションは株価が下がればオプション価格が上がるものです。
 eワラントにもレバレッジが5倍〜20倍程度かけられています。(レバレッジの倍率はオプション価格やeワラントの種類か回によって異なります。)
eワラントもバイナリーオプションと同じで最大損失は購入金額に限定されています。逆に最大利益は無限大です。1日で5倍、1週間で50倍なども頻繁に起こりえます。
 例えばグーグル株のプットオプションは「47回グーグルプット」であれば0.52円です。10,000単位を買っても¥5,200ということです。
 原資産であるグーグル株の株価は約814ドル。これが700ドルまで下落すればオプション価格は20倍程度になるかもしれません。
(オプション価格がいくらになるのかという計算は複雑すぎてよくわかりません。)¥5,200で買ったものが¥100,000になるということです。
 24optionの予測通り短期・中期での将来的にグーグル株が下がるのであれば宝くじ感覚でのeワラント購入も面白いのではないでしょうか。

 
eワラントはeワラント証券の取扱商品であり国内の証券会社では楽天証券・SBI証券・GMOクリック証券で取引できます。

楽天FX


 詳しい値動きやグーグル株価とオプション価格がどう連動するかは下記のSBI証券のホームページから「ワラント」-「外国株式」-「グーグル」-「グーグル第47回プットオプション」の詳細チャートを見て下さい。
 eワラントの詳細チャートなどの情報は下記のSBI証券のホームページから口座開設の必要は無く見る事が出来ます。







posted by GoldenCross at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

オプテック(opteck)で今すぐデモ取引を − 海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプションの検証として今回はオプテック(Opteck)を取り上げます。

まずこの会社の何が良いかというとデモ取引がサイトを開いてそのままできるという点です。

日本国内のFX会社を含めて、デモ取引がIDの取得無しでそのまま出来る会社はあまりありません。

オプテックは面倒なデモIDの取得や再度のログインなどが一切不要です。個人情報(氏名・メールアドレス・生年月日など)の入力も必要ありません。

改めて考えてみると国内・海外問わずデモ取引がなぜ簡単に出来ないのか不思議ですね。

デモ取引がすぐにできれば取引方法の説明や払い戻し率の確認、取引銘柄、時間の確認などの説明文を読む必要がなくなり、感覚的に理解できます。

実際の口座を開設して初めてデモ取引が出来たり、初回入金をして初めてデモ口座が開けたりする会社もありますが、そんなサイトは問題外でしょうね。

誰でも実際にやってみて勝てそうだと思えば、もしくは使いやすいサイトだと感じればこそ、はじめて実際のお金を入金して取引を始めるものです。

今すぐこちらからオプテックのデモ口座で遊んんでみてはいかがですか?
このバナーをクリックすると口座開設の画面が開きますが、上部の「オプテック opteck-jp」というところをクリックすればオプテックのトップ画面になります。
トップ画面から「デモ取引開始」をクリックすればそのまま100万円の仮想金額で取引が出来ます。



ちなみに私はオプテックで色々な取引を適当にやっていたらほんの1時間程で仮想の100万円はなくなりました。けどサイトの使い方は良く解りました。


posted by GoldenCross at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

GMOクリック証券 外為オプション 攻略

移動平均線を利用した外為オプションの攻略法

FXチャート移動平均.png

移動平均線のみを使用してバイナリーオプション10分のエントリータイミングが有効かどうかを検証してみました。
今回バイナリーオプション取引に使ったのはGMOクリック証券の外為オプションです。

単純移動平均線のパラメータを短期=5、長期=25に設定します。チャートは5分足チャート。

エントリータイミングとしては短期線と長期線の両方が上向きの時に買い(上げ方向のオプション購入)。
逆に短期線と長期線の両方が下向きの時に売り(下げ方向のオプション購入)。

10分のバイナリーオプションでは有効な戦略かと思います。

これが通常のFX取引であれば5分足以外に、30分足、60分足などでトレンドを確認する必要があったり、またはレジスタンスライン、サポートラインなどの確認も必要になるかと思います。
それらを基に損切りレートや利益確定レートを決定するなどかなり難しい判断が必要になってきます。

通常のFX取引に比べて10分のバイナリーオプションは、10分後のレートが上がっているか下がっているかを判断するだけなので非常に簡単です。

10分後のレートの判断に長期的なチャートなんて関係ありません。5分足のみの表示でOK!

この戦略であればGMOクリック証券の外為オプションの完売にかかることはほぼありません。
完売になるタイミングとしてはボリンジャーバンドの2シグマ上限、下限にかかるタイミングでの逆張りがほとんどです。

逆張りタイミングを狙ってエントリーする人にとってはこの完売システムは大きなストレスになります。

それに比べてトレンド方向への順張りのエントリーなので賭けるチャンスは非常に多いし運が良ければ何回も連続して当たり続けます。



posted by GoldenCross at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為オプション 攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

海外バイナリーオプション−24option 60秒オプション攻略

今回は24optionの60秒バイナリ−の攻略について書いてみました。

 24optionでは60秒の他に2分、5分後にエントリー時点よりレートが上がっているか、下がっているかの二択に賭ける事ができます。



ちなみに”高/低”ではオプションの満期時刻が決められています。例えば今現在21:00だとすれば21:05、21:10、21:15、21:30,22:00、翌6:00など。この場合払い戻し率は73〜89%の間で変動します。

短期取引”では60秒、2分、5分を選んでエントリーする事が出来ます。任意のタイミングでいつでもエントリー可能です。その場合の払い戻し率は約70%。

 ここで重要なのは任意なタイミングでエントリーできる利点です。

そこで今回はGBP/JPY(ポンド/円)でトレードしてみました。
エントリータイミングは相場が大きくどちらかに動いた時の逆張りとします。5分足チャートで今までの足に比べて長い足が出た時に逆の方向に60秒でエントリーします。
あくまで感覚的、視覚的なものなのでエントリータイミングが曖昧ですが(何Pips動いたらとかそんな数値を決めてもその時の相場の状況にも左右されると思いますので、決めません。)、個人的な意見で言わせてもらうと、システマティックにエントリータイミングを決めたところでその数値でうまくいく場合もあればそうじゃない局面も多く出てくるものだと考えています。だから自動取引システムを導入してもほとんど負けるシステムの方が多いんだと思います。

相場なんてものはあくまでも感覚的なものだと考えています。(特にバイナリーオプションの様な短期的なものはシステム的にエントリーするための数値を決めても意味がない。)
今回エントリー条件とした今までより比較的に大きく動いた場合は60秒くらいであれば必ず(?大体はとしておきましょうか)戻します。利益確定のために手じまう投資家が出てくるからです。これが10分後となるとそう簡単ではありません。短期的な利益確定の動きも収まってるでしょうし、その後どう動くかは色々な要素がからまってくるでしょう。

なおGBP/JPY(ポンド/円)を選択したのは他の通貨に比べてそういう突発的に大きく動く事が頻繁にあるように思えるからです。

24optionでは¥2,400〜¥50,000まで賭ける事が出来ますがあくまでも1回のエントリーの上限にすぎません。任意なタイミングで複数エントリーができますので続けて賭ければ上限金額は無いに等しいことでしょう。
当たり続ければそれこそ1時間に100万円勝つのも可能です。あくまでも当たればの話ですけどね。

 話が少々長くなりましたが、以上の様な条件で勝てるかどうか試みてみました。

結果は大成功!
 投資資金 20万円 −−> 6時間後 50万円に増えました。
 大体1回 1万円ずつのエントリーで 60勝9敗 これ以上は望めない勝率です。

ここがチャンスと思った時には続けて5〜6回エントリーしていました。5秒ずつくらいで次々に当たっていきます。こうなると本当に気持ちがいいものです。
 
勝っている時に止めれるかどうかがギャンブルで勝つ秘訣でもあります。今日は疲れたのでこの辺で24optionのプラットホームを閉じておきましょう。開けたままにしてるとまたやりたくなってきますからね。

貴方もこの機会に24optionの口座だけでも開設しておいてはいかがですか?
オンライン上だけでほんの5分もあれば口座開設は完了します。
入力するのはメールアドレス、氏名、住所、電話番号、パスワードだけです。









今なら特別に新規トレーダーへのキャンペーンが始まりました。
  1000ドル(約10万)の初回入金で今月のみ特別に貴方もゴールド会員!。
  更に入金額の30%のボーナス付きです。
  ゴールド会員はすべての取引がプラス2%のリターンとなり回数を重ねれば大きな差に。
  また月に1回、出金手数料が無料。





その他FXバイナリーオプションの攻略法ならこちらのランキングサイトのブログが参考になります。

FXバイナリーオプション ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX オプション取引へ
にほんブログ村

posted by GoldenCross at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 24Option | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

石油からガスへ−シェールガス革命でアメリカとともに日本経済は復活する!!

シェールガスの発掘により米国の復活は現実のものとなりつつある。

 シェールガスが世界の既存の秩序を大きく変えようとしている。日本の世論は、原子力発電所の再稼働などで揺れているが、その間に、海の向こうでは100年、200年に1回あるかないかの「革命」が進行中だ。シェールガス革命では日本の企業が大活躍していることを明らかにする。

シェールガス革命の大旋風が世界に吹き荒れ始めた。エネルギー問題といえば、原発の是否やメガソーラーの導入などに関心が深い日本国内の事情からいえば、ピンとこない人も多いかもしれない。しかしながら、これは100年、200年に1回あるかないかというほどのインパクトを持つ一大産業革命なのだ。

圧倒的に安いシェールガスのコスト

米国のオバマ大統領は、2011年秋ごろまでは、ひたすら自ら提唱する「グリーンニューディール」の政策実行に腐心していた。しかしながら、最近の彼はグリーンニューディールを一言も口にしない。

それに代わって、「米国発のシェールガス革命は世界を席巻する。今後のエネルギーの覇権については、米国は勝ったも同然だ。とんでもないことになる」とコメントすることが多い。

今までは、石油があと20〜30年、石炭が100年もたないという事情があるからこそ、原子力発電にいくか、太陽光、風力、地熱などの再生可能新エネルギーにいくか、という選択しかなかったのだ。ところが、である。シェールガス、すなわち砂や泥まみれの地中から取り出す天然ガスは、この状況を一変させてしまった。

日本の技術が支えるシェールガス革命

 わが国日本ではシェールガスはほとんど出てこない。わずかに秋田県由利本荘でシェールオイルが見つかった程度である。それならシェールガス革命は米国に最大の恩恵をもたらすが、日本にはそれほどのメリットはないのでは、と考える人たちも多い。

ところが、実はそうではないのだ。結論を先に言えば、シェールガス革命で日本の企業には莫大なメリットが生じてくる。

シェールガスを取り出すためには2000メートルも掘り下げるわけであり、この圧力に耐えられる鋼管パイプは、新日鉄住金など、日本の鉄鋼メーカー以外には作れない。シェールガスを精製して気体から液体、液体から気体へとリサイクルを行うが、このプラントは住友精密工業神戸製鋼しか作れない。

一番難しいのはアルミの穴あけなのだ。技能オリンピックで十数年連続金メダルを取る日本の「匠」の技術の一つが、アルミの穴あけなのだ。シェールガスを収納する運搬容器には炭素繊維が使われる。この分野は東レ帝人三菱レイヨンの国内勢が世界シェアの約70%を握っており、ここにも強い追い風が吹くのだ。

また、シェールガスは大型タンカーで輸送することになるが、ここでモノをいうのがアルミの厚板であり、これまた古河スカイなど日本勢しか作れない。地中から引き上げてきたシェールガスの原材料に対し、大量の水を使うが、この水量全体を減らすために膨大な窒素を使用することになる。

材料ガス国内最大手の大陽日酸は、笑いが止まらないかもしれない。さらにいえば、シェールガス採掘に伴う工事は土木であり、大型ブルドーザー、各種ショベル、大型トラックが必要になる。コマツ日立建機もまた笑いが止まらないだろう。

そしてまた、これらの建機に使用する超大型タイヤは、世界でただひとつブリヂストンにしか作れないのだ。

東京都は400億円のファンドを積んで,東京湾岸に火力発電10基を作る計画を打ち出している。猪瀬直樹新知事は必ずや断行するだろう。ここにもシェールガスを中心とする天然ガスが採用される。
 
 原発稼働や着工が難しい現状にあって、火力発電こそが日本の中心的なエネルギーになるだろう。世界的に見ても火力発電こそが主力、という声が多いのだ。こうなれば、原発プラントで世界トップシェアを持つ東芝は、その持てる技術をシェールガスに転用して稼ぐだろう。また、ガスタービンでは世界ナンバーワンの折り紙つきの三菱重工業にも福音がもたらされることになる。

排水や薬液などの環境問題も難なくクリア

 最近になって、国内化学メーカー第1位の三菱ケミカルホールディングスは、米化学大手のダウケミカルと提携し、シェールガスを活用した石油化学コンビナート構築を打ち出した。

シェールガスから基礎化学品のエチレンを生産すると、コストが日本の化学工場の20分の1になるという。つまりは、自動車部品や液晶パネルに使う樹脂工場をローコストで建設し、世界の競合メーカーに対して先行してブッチぎっていこうとの考えなのだ。

一方でシェールガスは大量の排水があり、多くの薬液も使われることからEU諸国の中にはこれを禁止する国も出てきた。つまりは、公害問題の発生がデメリットという向きもある。ところがどっこい、それなれば世界ナンバーワンの日本の水処理技術がすべてを解決してしまう。三機工業栗田工業荏原の出番が来たのだ。

 2013年は米国で1万カ所のシェールガス掘り出しが始まるといわれている。三菱商事三井物産住友商事双日など世界に誇る日本の総合商社は、これらの掘り出しに大量の出資をしており、かなりの権利を握っている

それゆえに、現在の天然ガスのような高い価格で日本がシェールガスを輸入するということはない。シェールガス革命は米国におけるモノづくりを大復活させ、日本の最大の輸出先は中国から再び米国に変わるのだ。反日ではない国、米国との取引が一気に拡大することは確実であり、もしかしたらこれが最大のシェールガスメリット、と言ってもいいかもしれない。

-------------------------------------------------------------------------------

さて、ここからが本題です。
現在アベノミクス効果とやらで日本国内の株式市場にも追い風が吹いています。
週刊誌などでも株の記事がやたらと目立ってきました。そこでどこの企業の株を買ったらいいのか解らなければ上記記事に名前が上がった株でも検討してみてはいかがですか。
株も基本的にはFXと同じでチャート分析により買うタイミングが非常に大切です。週間チャートでのRSIなどメジャーなテクニカルくらいはチェックしてから買う必要があります。
昔と違い、株式への投資も色々な形でできます。FXと同じく証拠金取引であるCFDなら少ない資金で投資も可能です。また信用取引に対する規制もゆるくなり、デイトレードもできるようになりました。
その他面白いところでは銘柄が限られますが、eワラントによる投資もお勧めです。
現物以外で株式に投資する場合はCFDはFXと同じくレバレッジがきいていますのでテクニカルチャートで押し目を確認してから買う必要があります。現物株であれば今すぐに買って上がるまで半年でも1年でもほったらかしにしておくのも一つの手段ではありますが。

株式CFD投資ならこちらの口座も開設しておいては
日本で初めてFXを初めた会社として有名なひまわり証券が証券CFD取引でも国内で初めて導入し、今国内で注目の証券会社です。
ひまわりCFD

サクソバンクの親会社はデンマークの銀行、世界基準での安心取引
サクソバンクFX

カブドットコム証券はプロモーション、自動売買など個人投資家を全面的にバックアップしている証券会社です。
カブドットコム証券

DVDレンタルでおなじみのDMMグループ会社、DMM.com証券が提供するDMM.CFD





株を買うタイミングを知るには株価アルゴリズムを参考にしてみて下さい

私のブログに一票を!!
posted by GoldenCross at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

海外バイナリーオプション−TradeRush

TradeRush

@ 三月のキャンペーン内容 2月28日〜3月31日まで
  
 
キャンペーン名称:三月決算ボーナス 最大100%ボーナス!!

  
   2.5万円〜4.9万円入金  20%ボーナス
   5.0万円〜9.9万円入金  30%ボーナス 
   10.0万円〜24.9万円入金 50%ボーナス
   25万円以上100万円入金  なんと100%ボーナス

     
25万円入金した場合、25万円のボーナスが加算され取引可能額は合計50万円となります。 

 小分けにボーナスを投資する方法もありますが、5万円を一気に60秒オプションで投資する方法もあります。なお最小の取引金額は¥500からです。予想が当たれば50.000円投資して85.000円の払い戻し{ペイアウト70%の場合}!ボーナスを利用して、35.000円の利益を上げられます!)
 ボーナス分はそのままの出金は当然のことながら出来ません。付加されたボーナスのパーセントにより出金するために必要な取引金額が決まっています。

 キャンペーン期間は2月28日〜3月31日までなのでこの機会に貴方も口座を開設しておいてはいかがですか?日本の証券会社のような郵送でのやり取りは必要ありません。オンライン上だけで完結します。入力項目も氏名・生年月日・住所・電話番号・メールアドレスだけなのでほんの5分もあればTradeRushの口座開設は完了します。



A iPhone・アンドロイドスマホでも取引OK

  iPhone用アプリ   https://itunes.apple.com/us/app/traderush/id533048817?mt=8
  アンドロイド用アプリ https://play.google.com/store/apps/details?id=com.libratrade.traderush

 
 こちらは、TradeRushサイトのトップページ下部(左下)より無料でダウンロードできます。
 スマートフォンの利用率は、2012年11月の時点で39.9%と約10人に4人の方が利用しています。
 こちらのパーセンテージにタブレット及びiPadは含まれていませんので全てを含むとさらに高い割合になるでしょう。

 いつでも、どこでも、好きな時にトレードできる最高の機能です。

 ブラウザーからのトレードではなく専用のアプリからという点で非常に使いやすいです。

 利用可能時間は、通常のプラットフォームと変わらず24時間ご利用いただけます。
 トレードは、全ての通貨が可能になっており、デモ口座もアプリご利用できます。

 また表示が日本時間でされますのでハイローの取引に向いています。
 アプリケーションの表示は英字になりますが、主婦の方でもご利用いただける程慣れると簡単な機能です。

 ブラウザーを開く手間がないアプリは、忙しい日本人には最高の機能です。

 *アプリケーション機能を利用してのトレードは3GまたはWifi環境が必要です。
  *トレードの際のキャンセル機能はありません。
*ダウンロードの方法は、TradeRushカスタマーサポートでも説明してもらえます。電話:03-4579-0341




ブログ王ランキング
posted by GoldenCross at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TradeRush | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

バイナリーオプションは投資ではなく、ギャンブルです。

バイナリーオプションはただのギャンブルだからこそ初心者でも勝てる!!
 

 以下の内容はここでは名前は控えさせて頂きますがある有名なFX投資家の意見です。

---------------------------------------------------------------------------------
  「バイナリーオプションはただのギャンブルだからやらない。」


   個人投資家の参加種目は、大昔から株式投資が主流でした。

   そしてFX(外国為替)が一大ブームとなり、数年前から「ポストFX」の地位を伺うかのごとく、
   バイナリーオプションが台頭してきたのはあなたもご存じの通りかと思います。

   そんな中、あくまで個人的に・・・ではありますが、僕はバイナリーオプションをやりません。

   もちろんやっている人をどうこう言うつもりもないのでそこはどうか誤解のないようお願いし
  たいのですが、僕の中ではバイナリーオプションは「ただのギャンブル」でしかないとの考えに
  基づいているんです。

   上がるか下がるかだけを当てにいくのですから、ここでの期待値は「50%」です。
   けれども、実際には業者への“テラ銭”が発生しますので、利益上の期待値は50%を大きく
  下回ります。

   もうこの時点で、僕の中では「胴元だけが儲かるシステム=ギャンブル」といったククリにな
  るワケです。

   「いや、FXだってスプレッドがあるから、これをテラ銭と考えれば同じじゃないか!」と言
  われますが、FXや株式投資には『利を伸ばす』という選択肢がありますので、そこが決定的
  にバイナリーオプションとは異なる部分です。

   また、「勝てば文句ないだろ!」と言う人もいるのですが、BOで長い期間勝てる人であれ
  ば、FXではさらに稼げること間違いなしです。

   理由は同じ・・・『利を伸ばせる』からです。

   まぁどうしても損切りが出来ないという人であれば、
   「損失も確定」のBOは、ある意味重宝とも言えますが、逆に言うならば、BOのメリットは
  「そこだけ」だと思っています。

   一度のエントリーで利を伸ばせるのが「投資」。エントリー毎の利益や損失が確定しているも
  のが「ギャンブル」。

   カンタンに言えばこんな感じで良いかなと。

   僕らは「ギャンブラー」ではなくあくまで『投資家(トレーダー)』であるべきですよね?
   利が伸ばせるからこそ、「1勝9敗でもトータルで勝つことも可能」となり、またトレードをす
  るうえでこの考え方は大変重要だと思っています。

   そもそも『損小利大』はビジネスにも通じる考え方です。

   「専業」とは「ビジネスを運営」するのとある種同義ですので、その中で『胴元だけが儲かる
  土俵』を選択するのは、どうしても正しいことだと、僕は思えないのです。

--------------------------------------------------------------------------------

 以上、私もこの人の言ってる事は正に正論だと思います。バイナリーオプションは二分の一のギャンブルです。
 
正論ではありますが、だからバイナリーオプションなんてやらないで通常のFX取り引きをやりなさいという意見には賛成しかねます。
 
 FXや株式相場に素人が参加しても全く勝ち目はありません。相場を仕事にしているプロに勝てる道理が無いからです。
 
 ただバイナリーオプションは違います。ただのギャンブルであればあるほど初心者でも勝てるチャンスが生まれてくるのです。
 
 そもそも通常のFX取引で元手5万円を100万円にするのは不可能です。例えばドル円であれば、1万通貨の取引で証拠金は約4万円必要であり、為替相場が3円動いたとしても3万円しか儲かりません。
 
 バイナリーオプションであれば相場が一方向に動いた時に、動きについていければ一日に5万円を100万円にする事も可能です。
 
 繰り返しになりますが、私の個人的な意見はバイナリーオプションは二分の一のギャンブルであるからこそ初心者にも勝つ可能性が生まれて来るのだと思っています。



ランキングはこちらをクリック!

posted by GoldenCross at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

海外バイナリーオプションの検証−TradeRush

Trade Rush

今回は海外バイナリーオプションとしてTradeRushを取り上げます。



 バイナリーオプションの利用者層は様々です。会社員、主婦、学生、投資家、老後の楽しみに。
上がるか下がるかの二者択一の投資、そして、月曜~金曜の平日24時間利用できる点がトレーダー層を選びません。
 夜勤の多い方、朝しか時間のない方、移動の多い長距離ドライバーの方、長い時間パソコンの前に座る事の出来ない方、そんな忙しい方でも少しの時間とインターネット環境があれば誰でもトレードできます。
昔と違い今はパソコンがなくてもスマートフォンやタブレットでFXの取引が簡単い出来る時代です。本当に便利な世の中になってしまいましたね。とはいってもクルマの運転中に操作をするのは危険なので止めておきましょうね。また会社の仕事中にやるのもお勧めできません。私も経験があるのですが、本業が手につかなくなってしまいます。じっくり時間のあるときでないと長期的に勝つ事は難しいと考えます。

 トレードラッシュの初回入金金額は、お手頃価格16.000円からスタート可能です。また最小投資金額は500円からできます。
 入金は、クレジットカードからであれば即時入金が出来ます。カードの種類はVISA・Master、さらにJCBとAMEXが利用可能です。JCB・AMEXが利用できる海外業者さんはあまりないので、ここはトレードラッシュの利点ですね(AMEXの場合のみ、ご利用になりたい方は口座開設後直接トレードラッシュのサポートまで連絡してください)。クレジット入金だと即時に反映されて便利ですが、クレジットカードの買い物枠を利用するので人によっては限度額がすぐに一杯になってしまいます。当然クレジットカードの請求も毎月多額になります。家族に文句を言われる人もいることでしょう。
 
 そうであれば、私個人的には銀行送金をお勧めします。国内の業者であれば即時入金に対応しているFX会社も多数ありますが、海外の業者では銀行口座からの即時入金には対応していません。ですから余裕を持って前もって入金しておく必要があります。TradeRushの場合約5営業日かかります。

 銀行送金には、約2,500円の手数料がかかりますが、送金後、サポート宛に送金控えをメールで送ることのより入金の際にかかる2.500円までの手数料は口座に戻されます。

 また出金も国内の業者であれば翌日または3営業日以内に自分の銀行口座に入りますが、海外の業者はそこまで期日に正確ではありません。まあ出金依頼をしてから1週間程度で銀行口座に入金されます。
 
 そういった入出金の正確さ・信頼度では日本の金融機関(銀行・証券会社)は世界一ですね。日本人の誇れるものの一つですね。

 また、トレードラッシュのプラットフォームは完全に日本語に対応しておりませので安心してください。海外に住む日本人の方にも人気です。
通貨は、米ドル・ユーロ・イギリスポンド・豪ドル・カナダドルで支払いが出来ます。
日本円以外の通貨で口座を開設しても、利用環境は一切変わりません。快適な取引!
 
 トレードラッシュはカスタマーサポートも充実しており、ベテランの人が快く対応してくれます。個人的にはオススメの海外業者のひとつです。





posted by GoldenCross at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

海外のバイナリーオプションの検証−24Option

 24オプション

 国内のバイナリーオプションに規制が入る事になりました。

 個人的には規制の内容に関して言いたい事はありますが、私個人が文句を言ったところで何ともなる事でもないのでここではふれません。

 日本国内でも最近になってバイナリーオプションを取り扱う業者も増えてきました。

 今回からしばらく海外のバイナリーオプションについて記事を書いてみることにします。
まずは最大手の24オプションを取り上げます。



 24オプションの特徴

・日本を含めイギリス・フランス・スペイン・イタリア他 13 カ国語対応の巨大サイトである。

・(タッチ取引・境界取引) 24 オプションが提案して世界で一番最初に開始された新取引システムである。

・バイナリー業者でもダントツ!取引可能な30 以上の豊富な銘柄数

・取引開始から終了時間まで最大35 分 最短1 分の短期決済型取引

取引金額に上限が無いうえに複数買いも出来る

・週末(土日)でも取引が出来るウィークエンドオプション取引で最高250%のハイリターン率

ダイレクトメールでの経済指標情報、毎月行なわれる超破格キャンペーン情報など会員限定の嬉しい特典情報が満載。

・常にリードする最先端システム・豊富な企画力・サポート体制の充実


サポート体制について
 24オプションでは日本語対応の日本人スタッフが、取引方法から始まり新規登録・入金手続き・出金手続き等わからないことはすべてサポートダイヤルに電話すれば丁寧に教えてもらえます。こうなれば日本国内のFX会社とさほど変わらないか、もしくは日本の会社より親切かもしれません。

取引システムについて
 基本的にバイナリーオプションは二つに一つ、短期決済などの基本システムはどこの会社も同じです。
しかし24 オプションは、取引銘柄が豊富であり、ハイ&ロウをはじめ、ワンタッチ、境界、60SECONDS、週末(休日)行われるウィークエンドなど多種多様なオプションが充実しています。

複数取引・複合取引ができるのも大きなメリット
 取引時間内であれば複数買い取引が出来るので(例えば日本のGMOクリック証券の外為OPなどは単発取引であり、そのオプションが終了しなければ次の取引はできない。)1 回の取引でダブルリターン率、トリプルリターン率といった短時間で高額収入を獲得するチャンスも生まれます。
 またオプションの選択も自由自在なので時間差で高・低の両方で囲んでみたりの変則型取引や、ハイ&ロウ取引を行いながら、タッチ取引・境界取引・60SECONDS と言った複合取引も可能なので、単発取引業者とは違い最後の最後まで何が起こるかわからない一発逆転の期待も与えてくれます。



ラベル:24OPTION
posted by GoldenCross at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。